logo.png

防音工房 BOUON-KOUBOUの施工一覧

Gallery

各種楽器防音室

​ピアノ防音室・ドラム防音室

マンションの一室を、ピアノの防音室にして、ご自身のお子様のピアノ練習スペースにし、また同時にピアノ教室を開かれた方に向けた防音室を施工しました。

リフォームしてピアノ教室を始められたり、またご自身が、周囲に気兼ねなく練習できる場を確保される方も、大変増えてきています。

 

ドラムの音は、生で聞くと、130dBもあり、これはジェット機の音にも相当するほど、大変な音量です。

それを、通常の防音工事であれば、50dBは減衰させることができ、また、特別仕様の防音工事であれば、70dB減衰させて60dB程度まで下げることができます。

それは、小さな音量にしたテレビ程の音です。

防音店舗

​美容室・ダンススタジオ

​レコーディングスタジオ・カラオケ

東京・国立にあるビューティ・サロン(美容室)の防音工事を担当させて頂いた際の写真です。

美容室なのですが、経営者の方のご趣味で、店内でタップダンスの練習を行う事もあるとのことで、防音が必要となりました。

床の防音を行いました。写真は完成した形なので、施工のプロセスがわかりませんが床材の下に、防音材がしきつめられています。

ダンス教室は、防音ニーズが高いお店の一つです。

通常工事では50dB(デシベル)の音の減少が見込めますが、マンションの一室で教室を始められる場合や、隣のテナントが学習塾だったりした場合には、70~50dB(デシベル)近い音の減衰が図れる防音工事を行ったこともあります。

ビジネスとしてのカラオケルームはもちろんですが、最近では、趣味でカラオケをされる一般の方がマンションの一室をカラオケルームとして使いたいと言う事で、防音工事をされる事例も増えています。

もちろん、カラオケもできる飲食店(飲み屋さん)からの工事依頼は、たくさんこなしてまいりました。